08’七夕イラスト【其の壱】(弐は、下にあります)

今宵は七夕…何故だかイラストをたくさん描いてしまったので、『壱』と『弐』の同時投稿にしてみました。
e0102876_1964044.jpg

☆織女(織姫)&牽牛(彦星)の七夕伝説☆

その昔、天帝の娘である織女(織姫)は、機織りをして布を上手に織る仕事をし、
牽牛(彦星)は牛を引いて畑で一生懸命働いていました。
天帝は、仕事ばかりする織女(織姫)を心配し、娘を天の川の向かい岸にいる牽牛(彦星)と引き合わせる事にしました…。

そんな二人がめでたく結婚し、夫婦となった事を天帝も喜ばしく思っていたのですが、恋に夢中なあまり、二人は仕事を怠けるようになり、ついには全くしなくなってしまったため、天帝は怒り、罰として天の川の対岸に二人を離れ離れにしてしまいました。

しかし二人があまりにも悲しむので、1年に1度だけ「かささぎ」という鳥の案内で、二人が出会えるようにしました。
それが、7月7日だという事だそうです。


今回はこの伝説をイメージしてイラストを描いてみたところ、ムダに描きこんでしまい、ムダに時間をさき、
ムダに疲れてしまったりしたのですが、2種類制作してしまったのでこんなカタチにしてみました。



e0102876_1971345.jpg

今年のイラストは、織姫&彦星メイン♪

私としては、笹につけた短冊に「マンガが上手く描けるようになりますように。」と書いてお願い事する七夕が好きですが、調べてみると色々な説があるのですね…七夕って…。
[PR]
by ieru-mika | 2008-07-07 19:48 | イエル美香の部屋
<< 自作マンガ『夢幻大地』一章の6... 08’七夕イラスト【其の弐】(... >>